平成25年度補正予算の補助金の中で、小規模事業者の皆様に特におすすめの補助金が2月27日より公募スタートしています。

該当の補助金は「小規模事業者持続化補助金」です。
この補助金は、補助上限額が50万円と額は大きくありませんが、小規模事業者の方を対象にしていますので非常に申請しやすいものとなっています。
審査においても小規模事業者を優先的に採択することが明言されています。

具体的には、小規模事業者が商工会議所・商工会と一体となって販路開拓に取り組む費用の2/3を補助してくれるものになります。

たとえばどのような場合に使えるかというと・・・
・新規顧客を獲得するためのチラシ作成の費用
・集客力を高めるための店舗改装費用
・商品パッケージのデザインを一新する費用
・新規商品を試作するための開発費用

などです。
ほかにも、事業遂行に必要不可欠な図書などを購入するための費用なども補助対象経費となっています。

いままさに、皆様の会社の商品やサービスのチラシを作成したいとか、新しい商品・サービスの試作品を作りたいと考えておられる方は、この補助金の利用を検討されることをおススメいたします。

75万円がかかる取り組みについて、その2/3の50万円が補助金として支給してもらえますので、経営の大きな助けとなってくれる補助金です。(もし雇用を増加させる取り組みである場合は、150万円の経費に対してその2/3の100万円まで上限が引き上げられることになっています。)
申し込みは、お近くの商工会議所もしくは商工会となっていますので、興味ある方は問い合わせをしてみてください。

第1次公募の募集期間は以下の通りとなっています。
募集開始:平成26年2月27日
第1次受付締切:平成26年3月28日(金)17時必着
第2次受付締切:平成26年5月27日(火)17時必着

●商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
http://www.jizokukahojokin.info/
●商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
http://www.shokokai.or.jp/soshiki/ken_list.html

※小規模事業者の定義については当サイトの「よくある質問」をご参照ください。
小規模事業者の定義

The following two tabs change content below.
中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。