3月14日より平成25年度補正予算の事業の1つ『中小企業・小規模事業者ものづくり・ 商業・サービス革新事業(取引環境改善型需要開拓支援事業)』の申込がスタートしています。

この補助金は、取引先事業所の閉鎖等の影響により売上減少が見込まれる中小企業・小規模事業者が実施する新たな取引先を開拓するために必要な市場調査や試作開発及び事業実施に必要な設備投資等に要する経費の一部を補助してくれるものです。
具体的には、過去3年に事業所を閉鎖若しくは生産規模等を縮小したもしくは申請の日以降3年以内に閉鎖等の予定のある事業所と取引の関係にあって、当該事業所の閉鎖等後の影響を受けて、年間の売上高が10%以上減少または減少する見込みである事業者は応募することが出来ます。
市場調査、施策開発、販路開拓、設備投資が補助対象経費となっています。

補助上限額:1,000万円以内(補助率:2/3)

取引先の影響により売上が減少している事業者様にとって、現状を打開し次の一手の助けになる補助金ですので、該当する事業者様は申請の検討をしてみてはいかがでしょうか。
応募は随時受付をしています。(予算上限に達し次第終了予定)

詳細は、以下のサイトをご確認下さい。
http://www.torihiki-kaizen.jp/

The following two tabs change content below.
中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。