平成25年度補正予算の目玉補助金の1つ「創業補助金(創業促進補助金)」の公募が2月28日よりスタートいたしました。

この補助金は、起業・創業や第二創業を行う個人、中小企業・小規模事業者等の皆様を対象とした補助金となっています。
補助内容は、弁護士、弁理士などの専門家との顧問契約のための費用や広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費に対して補助率2/3、補助上限額200万円となっています。
ただし、補助額が100万円に満たない場合は、補助の対象外となります。

創業補助金はH24年の補正予算でも実施され、これから新しい事業を始める方の大きな後押しとなりました。
これから新しい事業を立ち上げたいと考えている方は、こうした制度をうまく活用してビジネスの立ち上げ時期をのりきりましょう。

ただし、単純にお金をくれるという甘いものではありませんので、その点だけはご注意下さい。

【公募期間】
平成26年2月28日(金曜)~平成26年6月30日(月曜)17時【当日必着】
※ ただし、平成26年3月24日(月曜)までに受付した案件については、先行して審査が実施されます。
※ 3月25日(火曜)以降の受付分につきましては、応募状況に応じて審査が実施されることになっています。
※ 応募は各地域事務局宛となっています。

補助金は全体予算の上限が決まっていますので、後に出すほど採択の競争率が高まる傾向にあります。
ぜひ、お早めに準備し応募することをおススメいたします。

自分もこの補助金を応募してよいのか、具体的にどのように準備すればよいのか、もしご質問や不安な点がありましたら、お気軽にご相談下さい。
もちろんご相談は無料です。

【創業補助金事務局】
〜取りまとめ〜
中小機構

〜地域事務局〜
東京事務局
福岡事務局

The following two tabs change content below.
中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。