こんばんは。

先日、ものづくり補助金の採択結果と小規模事業者持続化補助金の採択結果が発表されました。

ものづくり補助金の採択結果はこちら↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2014/140627mono.htm

小規模事業者持続化補助金の採択結果はこちら↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2014/140701shokibo.htm

ものづくり補助金は、今回の応募で合計9,613件の採択となりました。
単純計算で1件1,000万円とすると、今回で約960億円。今回のものづくり補助金の予算は、約1,000億円なので残り予算はわずかですね。。。
7月1日より2次募集が開始されましたが、次回はなかなか厳しい競争になりそうです。

一方、小規模事業者持続化補助金は、今回で約10,000件採択されました。
そして、これで予算上限に達したため、当初からうわさされていたように2次募集はないとのことです。

いずれの補助金も当事務所で支援させていただいた先は、無事に採択されていました。
ものづくり補助金については、1件サービス革新で申請した分が残念ながら不採択となってしまいました・・・サービス革新での申請は、もう一段ハードルがあったようです。
敗因はしっかり分析して次に活かしたいと思います。

ものづくり補助金は、第2回募集の受け付けが開始されました。
ぜひ、補助金を上手に使って新製品を作りたいという方がおられましたが、当事務所にてお手伝いさせてくださいませ。
ものづくり補助金の申請締め切りは8月11日です。
お早目にご準備ください!

The following two tabs change content below.
中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。