ゴールデンウィークが終わり、今日から仕事復帰の方も多いと思います。
ゴールデンウィークは、ゆっくり過ごせましたでしょうか。

私はゴールデンウィークを利用して、1泊2日で軽井沢に行ってきました。
といっても、観光ではなく半分は仕事です。
1泊2日の泊まりがけの合宿を開催し、これから新しく設立する企業のミッション・ビジョン作成の支援をしてきました。

会社というのは人の集まりです。ですから、そこには多種多様な考えが存在し、時には対立が起こることもあります。
そうした時、会社が同じ方向に向かって進んでいけるのは、会社としての進むべき道が明確であるからです。
この進むべき道が明確に示されていないと、そこで働く人たちはどこを向いて進んでいけばいいのかわからず、いずれ組織はバラバラになり崩壊の道を進むしかありません。
そのためにも、会社のミッションを定義するというのはとても重要なことです。

このミッションを作るという作業は、固い雰囲気の中でやってもうまくいきませんし、ライトな感じ過ぎてもうまくいきません。
そこでオススメできるのが、少し都会から離れた場所で1泊2日という時間をあまり気にしない環境下に身を置いて実施することです。

時に真面目に、時にお酒を飲みながら色んなことを話す中で、それぞれの価値観が浮き彫りになり、全員が納得できる会社のビジョンを作り上げることができます。

今回も、軽井沢で時に熱く、時に楽しく、時に冷静に、議論を重ね、これから船出をする企業のミッションを無事に作り上げることができました。
このミッションのもと、これからすてきな船出をしていくに違いありません。

ミッションは、企業のとるべき行動、存在理由、共通目標を表したものです。
貴社のミッションは何でしょうか。
もし、この答えが明確でないならば、いますぐ企業のミッションを改めて検討してみることをお勧めいたします。

今回の軽井沢合宿のように、合宿形式でやってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。